第16回東京大学ホームカミングディのご案内

 

 

 

 

 

 

 

東京大学校友会のサイトをご覧ください。


http://www.u-tokyo.ac.jp/ja/alumni/interact/hcd/hcd2017/index.html

 

 

 

関西東大会のホームページへ


 


東京大学同窓会連合会第21回定例総会及び創立20周年記念式典のご報告

 

平成29年4月22日に東京大学本郷山上会館にて「東京大学同窓会連合会第21回定例総会及び創立20周年記念式典」が開催され、関西東大会より北会長・夏住副会長・河野代表幹事・中谷幹事が出席いたしました。


(以下は東京大学同窓会連合会ニュースより抜粋・一部修正して掲載します。)

 

平成29年4月22日(土)10:30〜11:40、山上会館地階002号にて、本部役員・地域同窓会代表合計26名が出席、第21回定例総会が開催され、本部事務局が準備した平成28年度事業報告・決算、平成29年度事業計画・予算・年会費・役員の各案が審議され、議案通り承認されました。
  総会に引き続き、1階の談話ホールにて76名が参加して、創立20周年式典及び懇親会が開催されました。
(1) オープニング 12:10〜12:30
  事前に録画された小宮山第28代総長ミニ講演 「高齢化と同窓会の在り方」を上映。高齢化社会にあってマインドセットを変え、自由に現役のできないところを助太刀して
社会を先導する同窓会の役割を提唱されました。
記念集合写真: 歴代総長の皆様の到着を待って、 ロビーに設営された椅子と3列の段で新光社による撮影が行われました。(下記に掲載)
(2) 記念式典 12:30〜13:15 懇親会(立食) 13:15〜14:30
20周年記念として、同窓会連合会創設以降の全ての歴代総長をお招きした結果、 有馬朗人第24代総長(同窓会連合会会長)、蓮實重彦第26代総長、佐々木毅第27代総長、濱田純一第29代総長、五神真第30代現総長が出席されました。
⇒馬会長の挨拶の後、歴代総長がご挨拶され、岡崎代表幹事が当会の歴史・校友会との経緯等を語られました。
懇親会 開会挨拶(篠沢恭助東京銀杏会会長)と乾杯(北修爾関西東大会会長)の後、 サラ・オレイン(シドニー大学交換留学生で三鷹寮生の豪州の歌姫)さんが挨拶、アカ
ペラで美声を聞かせてくれました。
こ特楼萋荏覯颪粒萋阿鮓従譴濃戮┐討た団体・役員・幹事の皆様を表彰することとし、有馬会長より表彰状が授与されました。関西東大会関係は下記の通りで、時間の都合上、後日表彰状が郵送されました。
団体表彰(関西東大会・・30年の同窓会活動・ワールドカフェ関西活動・大阪京大クラブとの交流に対し表彰)
役員表彰(薩摩和男・・同窓会連合会設立時の関西東大会事務局長としての連合会設立に対するご尽力に対し表彰)
役員・団体表彰(北修爾会長及び阪和興業株式会社・・連合会への協賛広告への感謝)

ヂ感叛玄蔀甘として、本年4月就任した松木則夫理事・副学長から、できるだけ各地域同窓会を訪問 したいとの心強い挨拶がありました。
応援エールは広島から駆け付けた槙本良二広島赤門会幹事(赤門鉄声会)の元気の良い大きな声で 「ただひとつ」を斉唱。
中締めは、浅野晴彦東海銀杏会代表幹事による「万歳三唱」。

 

 

 

左より 佐々木 毅 第27代総長
蓮實 重彦 第26代総長、
有馬 朗人 第24代総長
壇上 五神 真 第30代現総長

 

 

NHK Eテレ「大人の基礎英語」でお馴染みの サラ オレイン さん

 

 

 

 

 

関西東大会のホームページへ


 

 


東京大学音楽部管弦楽団サマーコンサートのご案内

 

**東京大学より**

 

 

東京大学音楽部管弦楽団サマーコンサートのご案内

 

以下のサイトをご覧ください。

 

http://www.ut-orch.com/2017summer/

 

 

 

東京大学音楽部管弦楽団  http://www.ut-orch.com/

 

 

 

 

関西東大会のホームページへ


 

 


第15回東京大学ホームカミングディのご案内(10/15)

 

 


**東京大学より**

 

 

 

 

東京大学校友会のサイトをご覧ください。

 

http://www.u-tokyo.ac.jp/ja/alumni/interact/hcd/hcd2016/index.html

 

 

 

関西東大会のホームページへ



東京大学校友会・ソウル大学校総同窓会の親善交流会の報告

代表幹事 河野 裕亮(昭53経)

11月6日(金)18:30より、東京大学本郷キャンパス山上会館1F「ハーモニー」にて
「東京大学校友会・ソウル大学校総同窓会 親善交流会」が開催され、関西東大会を
代表して、出席いたしました。

開会宣言の後、張富士夫東大校友会会長と、金榮錫(キム ヨンソク)ソウル大学校総同窓会
副会長のご挨拶があり、続いて両同窓会の間で国際交流覚書(MOU)を締結致しました。
そして、洪東昊(ホン ドンホ)駐日本国大韓民国大使館公使のご祝辞、篠沢恭助校友会
副会長(東京銀杏会会長)の乾杯、辛星昊(シン ソンホ)ソウル大学校国際協力本部長と
大和裕幸東京大学副学長のご挨拶ののち、会食と懇談を致しました。
最後に尹仁虎(ユン インホ)ソウル大学校日本総同窓会会長のご挨拶で閉会致しました。
ソウル大学校総同窓会から、東京大学校友会に記念品として絵画をいただきました。
今回の交流会を契機に、今後両大学同窓会は、各レベルで交流を深めていくことと
致します。







張富士夫東大校友会会長挨拶




絵画をいただきました。









 

関西東大会のホームページへ



東京大学校友会第4回代議員会の報告

以下校友会神澤事務局長からいただいた報告です。


1. 日 時 2015年10月17日(土)10:00-10:35

2. 場 所 本郷キャンパス 安田講堂

3. 出席者 団体代表/代議員52名、東京大学校友会・大学役員等22名
(関西東大会からは、夏住副会長・河野代表幹事が出席)

4. 挨拶・議事
(1) 張富士夫東大校友会会長挨拶
(2) 五神真東大総長挨拶
(3) 議事
・活動報告・方針、大学の卒業生施策…大和裕幸副会長が別添資料に沿って説明。
・大学の財政状況…櫻井明財務部決算課長がFinancil Reportを用いて説明。

(4) 海外からの出席者の紹介…ブラジル赤門会のケンイチ・カルロス・スズキ第二書記、
東京大学台湾校友会の洪儒生代議員 他5団体8名。
 

5. 参考

   代議員会終了後、ノーベル物理学賞受賞が決まった梶田隆章教授にご挨拶いただきました。
ホームカミングデイのオープニングイベントで大和副会長より紹介された
「卒業生による大学への貢献活動」の資料も別添します。

 

資料は以下サイトよりダウンロードいただけます。
 

「東京大学校友会・卒業生室活動報告並びに活動計画」

「卒業生による大学への貢献活動」



五神総長ご挨拶



ノーベル物理学賞梶田隆章教授ご挨拶


関西東大会のホームページへ



東京大学同窓会連合会第6回全国大会の報告

以下連合会長崎事務局長からいただいたご報告です。(一部修正・追記致しております。)

日 時: 2015年 10 月 16日(金) 16:00〜20:00 
場 所: 千代田区神田錦町 学士会館 320 号室(華麗なる一族最終話のロケ現場) 
参加者: 73 名 (関西東大会からは北会長・夏住副会長・河野代表幹事・中谷幹事が参加)
○地域同窓会等会員:24団体54名 ○連合会本部:6名
○来賓:講師(小林哲也氏)、大学(五神総長・大和理事・副学長以下)
赤門市長会、学士会、東京六大学(法政・早稲田・明治)代表13名 


[概要]
1.    講演会 16:00〜17:30: 
岡崎代表幹事の開会挨拶の後、朝日新聞出版「大学ラ ンキング」編集者の小林哲夫氏に
「東大ランキングと東大合格高校最近の地域別動向」との表題にてご講演いただきました。

(1)同氏は、資料として配布された「東大合格高校盛衰史」(2009年光文社)やその後の最新
データを参考に、1955年から2015年まで10年毎の東大合格順位の変動を、その間に
起きた学区制導入・廃止、受験特化の私立高校、中高一貫高校などの増加、地方高校の
東大進学願望の衰退等の背景と共に説明されました。また、新幹線開業(東京と地方との
時間が短縮)、鉄道網整備(開成高校前の西日暮里駅などの新駅、神奈川・埼玉路線の
相互乗入れの例など)など交通の進化が進学校変動に影響あるのではとの興味ある見解
を示されました。

 (2)ご専門の大学ランキングにつき、世界ランキングで東大が今年は順位を大幅に落とした
ことは、東大自体の変化でなく、評価会社(研究情報ソース)の変更で評価方法・基準が
(非英語圏に不利に)変わったことであるとの説明をされました。

 (3)質疑では、「かつては、一人でも地方の高校から東大に入ったのだが最近は出てこない」 
とか、「最優秀な高校生が集まる理三からノーベル賞が出ないのはなぜか」とか、「学部
と院の入学者数がほぼ同じ規模になっている。高校のみならず、他大学→院ルートで
東大入学データも着目すべきでは」等の意見が出ました。 

2. 記念写真撮影 17:30〜18:00: 


(クリックで拡大します)

3. 懇親会 18:10〜20:00: 
(1)有馬朗人会長は、「あと20年は頑張る予定」と元気に挨拶され、拍手が沸きました。
(会長は現在85歳、20年後の105歳宣言も確信ありと感じました。)メインの挨拶では、
話題となった大学ランキングで東大が大幅に順番を下げたことに関し、評価基準の変動も
あるが、客観的に評価できる論文提出・引用数について米国に次ぐ世界2位から中国に
抜かれ、今や4位をドイツ・仏と争っている状況であること、一方、国の教育費予算は、GDPの
0.5%と 20年間、世界で最下位と不名誉な地位に甘んじていること、研究費削減で若手が
やる気をなくしていることなどを挙げて、梶田教授のノーベル物理学賞受賞に浮かれている
場合でないと警鐘を鳴らされました。 

(2)来賓の皆様を卓のままでご紹介した後、以下の皆さまに一言ご挨拶頂きました。 
○東京大学(五神真総長):ご挨拶原稿(実際のスピーチはアレンジを加えており、原稿とは
一致しない部分があり)を全文末尾に掲載しました。
○東京大学(大和裕幸理事・副学長):財務・渉外などご担当の紹介、及びインターンシップ、
ワールドカフェなど卒業生・同窓会との連携強化を強調されました。 
○赤門市長会(泉房穂事務局長・明石市長):東大出身市長数が45人で日大を抜いて2位に
なった。一位の早稲田(93人)に追いつくのは、まだまだとのこと。  
○学士会(渡辺幸重事務局長):学士会の使命は七大学の支援にあり(全国大会に学士会より
8万円の補助を頂きました)。 
○法政大学(加藤茂東京法政校友会会長〜阿部前会長に交流の機会を頂いたご縁で指名):
東大においても東京六大学交流を一層進めて欲しいとのエールをいただきました。   

(3)来賓挨拶の後、篠澤恭助東京銀杏会会長の音頭で、日本酒(栃木銀杏会河野遵社長の惣誉酒造の銘酒「純米大吟醸五百万」による乾杯の後、懇親に移りました。
本年は、久しぶりの出演、花てまり(後藤直子・幹子姉妹、芸大出身)による「ただひとつ」などの琴とフルート演奏を楽しみました。 

(4)初めて、久々の方などにご挨拶頂きました。
○神奈川銀杏会(10月に役員交代した土井顧問就任・大久保新会長)  
○栃木銀杏会(9月に就任した須賀新会長)  
○徳島東大会(20周年総会を終えた桐野会長、大和理事・副学長を迎えての高校生ワールド
カフェの模様、徳島の宣伝〜阿波踊り、人形浄瑠璃、お遍路など) 
○東京大学徳島県人会(仁尾事務局長、明治16年にオリジンを持ち、1922年・大正11年に
徳島帝大会として発足)  
○東海銀杏会(浅野副会長)  
○岡山東大会(額田副会長、医師)  
○山口東大会(島津副会長、元周南市長)  
○山口東大会在京の会(現役学生の茂山氏、付添?の永沢裕美子在京幹事)  
○福岡銀杏会(本年幹事のJR九州の木下氏、応援部OBとしてエールに参加) 

(5)19:50  小林石川赤門会在京幹事及び木下貴友福岡銀杏会幹事指揮による「ただひとつ」2番まで斉唱、エールは法政・早稲田・明治も行いました。

20:00 中締は昨年と同じ北関西東大会会長による関東一本締め。     (文責:長崎)
(五神東大総長のご挨拶)
東京大学総長の五神です。この4月から総長に就任いたしました。本日は「東京大学同窓会連合会第6回全国大会」に招きくださりありがとうございます。また、ご講演してくださった小林さま、ご来賓のみなさま、本日はお忙しい中、本大会にご参加くださり、誠にありがとうございます。そして、東京大学同窓会連合会長の有馬先生をはじめ、全国各地からお集まりいただいた同窓会のみなさま、日頃より東京大学の活動をお支えくださり御礼 申し上げます。  

ご存じの様に、先日、東京大学宇宙線研究所の所長の梶田隆章教授が2015年ノーベル物理学賞を受賞するという大変嬉しいニュースがありました。実は、当日は安田講堂で秋の入学式があり、研究所長や研究科長は本郷に集結しておりました。まさに受賞のニュースが入った時、梶田教授と同じ建物におり、すぐにお会いして記者会見の打ち合わせをいたしました。大変貴重な体験でした。 梶田教授の発見は、20世紀に完成したと考えられてきた現代物理学の骨格である、素粒子物理の標準理論を問い直す実験事実をつきつけるという、大変画期的なものでした。このプロジェクトは1970年代に小柴昌俊特別栄誉教授が始めた日本独自の研究で、戸塚洋二教授を含む、師弟三代のリーダーがバトンをつなぎながら行われてきたものです。 そして、これは、独創的で壮大なアイディアの元で、大型実験施設(カミオカンデ、スーパーカミオカンデ)が実現できたことによって可能となった研究です。私が重要と考えていることとして、この背景に、日本がこの間、着実な経済成長によって豊かになり、そして平和が維持されてきたことがあります。この成果がこのたび世界の学術界からの賞賛を得て、そして日本社会が活気づいたことを非常に喜ばしく思っています。    

さて、私は、この4月から発足した新執行部体制において「知の協創の世界拠点」を東京大学に創設することを中心目標の一つとして掲げることに致しました。東京大学は創立138年ですが、この間、科学技術の飛躍的な進歩を背景として、人類の活動範囲は桁違いに拡大し、社会は姿を変え、そして、人類はかつてない大きな力を得ることとなりました。  

その一方で地球規模の課題がより顕在化しています。また、最近世界で起こっている様々な事件を見ますと、世界はより不安定な方向に向かっているのではないかと感じます。資本主義や民主主義といった、現代社会を支える基本的な仕組みにも限界が見えてきています。我々人類は、自ら生みだした科学技術を社会に真に役立てるために、科学技術をきちんと制御する知恵を十分備えることができていないのです。これを克服するために、人々が国境を越え、文系・理系といった枠を超え、多様な知恵を出し合い、それを組み合わせながら、連携協力して行動し、解決の道筋を つけて行くことが強く求められています。  

特に、これまでアジアに位置し、高度な科学技術や学術を牽引力として世界をリードする地位を築いてきた日本には、その中核を担う責務があります。そして大学がその中心となり、新しい社会システムを提示していくべきであると考えています。そのような思いを込めて「知の協創の世界拠点」という目標を掲げました。  

共に創る作業の仲間として、全国の卒業生のみなさまは非常に重要です。是非、連携の輪を広げていきたいと思います。近日、今後の具体的方針をまとめた「東大ビジョン2020」を公表させていただく予定ですので、是非ご覧いただき、忌憚のないご意見やご支援を賜れればと思います。  みなさまのこれからのご健勝、ますますのご活躍をお祈りし、私のご挨拶とさせて頂きます。                

 

関西東大会のホームページへ



濱田総長、三鷹国際学生寮への熱い期待を語る

 s40法 長崎新一(東京大学同窓会連合会事務局長)
 

さる9月8日18時半より、学士会館にて三鷹クラブ第82回定例懇話会が開催され、濱田総長が三鷹国際学生宿舎建設への全学で取り組むことにしたと語られた。また、関西東大会沖野事務局長が参加され、三鷹クラブとの協力の地盤ができた。

 

濱田総長は、総長任期6年の間の目標を設定した「東京大学行動シナリオ^Forest2010森を動かす」の概略を説明し、特に、その重点テーマ別行動シナリオの一つである「タフな東大生」の育成に関し、具体的には、コミュニケーション・討議力を持った学生、多様な価値観と国際的な視野を持った学生を育てたい、その手段の一つとして、全寮制での人格形成の良さを生かし、現在はアパート化している三鷹寮を改修・拡大し、日本の学生と留学生が同じ釜の飯を食べる「三鷹国際学生宿舎」を建設、そこに、卒業生と一緒になって、未来を担う人材を育てるコミュニテイを作りたい、また、総長在任期間に、少なくとも入学した一学年は全寮制となる糸口を作りたいとの熱い思いを吐露された。

計画の詳細は、巻末に添付したが、教養学部創立60周年事業のプロジェクトとして、総工費40億円、現三鷹寮敷地に、新規に400の部屋(プラス旧寮改修の150部屋)を段階的に建築、共用棟も既存設備を大幅に拡充する、各フローアは8室の個室と共用の交流スペースで構成され、国際的な人材育成の場となることが期待されている。

 

関西東大会より、沖野事務局長が、台風にもめげず参加され、「三鷹寮リニューアル寄付へのご協力依頼」のチラシを配布すると共に、関西東大会として三鷹寮建設の寄付活動を強力に進めていくと挨拶され、濱田総長と熱い握手をされた。

 

同窓会連合会としても、濱田総長の熱い思いをできるだけ多くの卒業生に伝えることでこの活動を支援したく、「東大三鷹クラブの皆様へ」メッセージを巻末に添付する。

(文責:長崎)

 

東京大学濱田純一総長講演の要旨

                                              
 
s63農院 中谷俊昭

  

演題 「21世紀の東大、学寮、同窓会・・・『タフな東大生』の 育成を目指して」


東大総長の任期はかつては6年制であり、総長の激務の事情などで4年制になり、今回私から再び6年制となり、2015年まで任期となる。

 

かつての旧制高校は全寮制をとっていて、この全寮制には良い面もあった。

 

寮などでの人間教育は、大学へ入学するまでにするものだという方もおられるけれども、私(総長)はまだ大学入学の1年目であれば、教育の効果はあると思っている。

 

お手元にわたっている、「東京大学教養学部創立60周年事業」にあるように、三鷹寮を改築する。改築については、図のような間取りを計画しており、一人一人の部屋の中に台所や風呂などを入れると、学生は部屋に入ったままになるため、学生同士の交流を促進するために台所や風呂などは共用スペースに入れている。寝る部屋と勉強の場合のみ個室にして、そのほかの生活は共同になるように計画されている。

 

任期の2015年までの間の施策としてお手元の「東京大学の行動シナリオFOREST2015」をまとめた。これは前総長の施策の上にまとめられたものである。FOREST2015についてFORESTなどの説明、行動ビジョン(東京大学が目指すこと)の図、グローバルキャンパスの形成、「タフな東大生」の育成、卒業生との緊密なネットワークの形成などのページの説明を通じて寮の有効性を力説された。

 

寮での国際化と共に、大学院生は比較的海外へ出かけることはあるものの、学部の学生についても、夏休みなどに半月程海外で生活することも、国際的センスを養う上で有意義である。

 

三鷹寮の改築は、新入生全寮化へのプレステージであり、三鷹寮の建設を実現して、次に全寮化を実現したい。寮生活を経験された皆様の積極的なご協力をお願いしたい。


関西東大会のホームページへ戻る


東京大学学友会ホットライン 第13号


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 東京大学学友会ホットライン 第13号
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

■■■11月10日ホームカミングデイ特集■■■
========================
リーダーズネットに投稿をお願いします!
http://www.todai-alumni.jp/leaders/
※サポーターズパーティお越しの方はぜひ!!
========================
「東大アラムナイリーダーズNET」では、卒業生の
みなさんの東大へのメッセージをご紹介しています。

創立130周年にちなみ、130人のメッセージを集
めたい、、、と思いますので、9月6日のパーティの
ご感想、創立130周年お祝いコメント、時代の先頭
に立とうとする東大への激励等みなさまからの寄稿を
お寄せください!

※寄稿は学友会事務局宛テキストデータ(3〜500字程
度)でお送りください。お名前とご卒業年、ご卒業学
部・研究科名もお忘れなく。
gakuyukai@adm.u-tokyo.ac.jp

========================
10月よりホームページが一段と充実!!
========================
いよいよ1ヶ月前。ホームページも一段と充実しまし
た。イベント情報も満載。さらにホームカミングデイ
を身近に感じていただけるはずです。
http://www.alumni.u-tokyo.ac.jp/gakuyukai/hcd2007/index.html

========================
ホームカミングデイ注目イベント(4)
〜少年サッカー教室〜
========================
実に40年以上の歴史を誇る「東大LB会」指導少年サッ
カー教室が今年も開催されます(午前中)。

あの岡野俊一郎氏(日本サッカー協会名誉会長)も熱
血指導いただける予定、とのこと。日本サッカー界の
聖地、そしてワールドクラスの人工芝グランド「御殿
下」でサッカーを楽しみましょう。

お父さんは安田講堂の記念講演、そのとき息子さんは
このサッカー教室へ!特別記念撮影サービスも予定し
ています。

========================
ホームカミングデイ注目イベント(5)
〜ア式蹴球部OBの戦い VS京都大学他〜
========================
御殿下グランドの午後は「ホームカミングゲーム」に
変わります。しかも今年は大型対外試合を2試合も開
催。ア式蹴球部のOBのみなさんの熱いプレー、そして
熱い思いにみなさんのご声援を。

・東京大学ア式蹴球部OB 対 京都大学OB
・東京大学ア式蹴球部OB 対 文京FC

キックオフ等の詳細は随時ホームページでご紹介して
いきますのでご確認ください。

◆◆◆同窓会幹事を応援します!◆◆◆
〜教室貸出/2次会会場候補紹介〜

せっかく同期が多く集まりそうだが、待合せる場所も
少し話をする場所も儘ならない。そんな同窓会幹事を
学友会がサポートします。

9月に入り、続々とお問合せをいただいております。
ぜひお申込はお早めに!

1)待合せ場所として講演会会場として、ちょっとし
た懇親会会場として、安田講堂周辺の教室をお貸しし
ます。お申込は学友会事務局までお気軽にどうぞ。
gakuyukai@adm.u-tokyo.ac.jp

2)2次会会場に関する情報をご提供します。本郷商
店会等とも提携して飲食店から旅館まで幅広い情報を
お伝えしていきます。お問合せは同窓会連合会事務局
まで、こちらもお気軽にどうぞ。
bunshitsu3@adm.u-tokyo.ac.jp

**本郷商店会の情報はこちら!
http://www.todai-alumni.jp/community/2007/08/post_a7f6.html


■■■学友会ニュース・ホットライン版■■■

年三回発行の東大卒業生をつなぐ情報誌「東京大学学
友会ニュース」。誌面では伝え切れない企画やバック
ナンバーの注目記事等をまとめました。

――――――――――――――――――――――――
ちょっと昔(?)の学友会ニュースから
本郷界隈を歩く楽しみ その二(2005年10月号)
――――――――――――――――――――――――
今回は今や定番コーナーとなった「本郷界隈を歩く楽
しみ」から・・・

「今回は春日通を南に越えた本郷1丁目・2丁目(旧、
弓町・真砂町)を散策しました。文京ふるさと歴史館
の西側、真砂坂の傍、高崎藩松平(大河内)右京亮の
中屋敷跡足軽長屋(近世末期の建築で最古の現存住居)
が最近まであったが今は更地となった。春日通を渡っ
た角に石川啄木の下宿「喜之床」、ビル建築になった
今も床屋です。弓町は江戸城鬼門の方角に当たり、旗
本御家人屋敷では毎日弓の調練。

>>続きはこちらから
http://todai-alumni.boxerblog.com/community/files/news_2005oct.pdf

――――――――――――――――――――――――
復活!ニュースに掲載できなかった原稿から
「ミスター・ルーキーにはなれなかったけれど」
井坂聡さん 第4回(全10回・予定)
――――――――――――――――――――――――
ベンチから、同期のピッチャーが私を呼びに来るのが
見えた。代打の用意をしろ、との事だった。ベンチに
戻った私に監督は「2アウトになったら行くから」と
告げた。ベンチ裏で素振りを繰り返す私に同期や後輩
たちが色々と声を掛けてくれた。相手は立教のエース
の野口。私ごときが打てる相手ではないが、後はなる
ようにしかならない、と開き直っていた。

突然、状況が変わった。連打で無死二・三塁。一打同
点の場面となったのである。監督が私を呼んだ。「代
走!」二塁ランナーとの交代を命じられた。

初めて試合中に神宮のフェアグランドに立った私は、
不思議と冷静だった。塁上で屈伸運動を繰り返しなが
ら、応援団の「走れ、井坂」コールを心地よく聞く事
も出来たし、練習で叩き込んできた走塁のセオリーを
反復する落ち着きもあった。

試合再開、最初のバッターはピッチャーゴロ。慌てて
飛び出すようなミスも犯さず、すぐに帰塁した。そし
て、次のバッター。野口の投球をバシッと捉え、打球
は右中間へ。懸命に追いかける外野手の姿を見ながら、
私はヒットになる、と確信していた。足の遅い私はタ
ッチアップしていたのではホームまで帰れない。ハー
フウェイで打球の行方を見ていた私は、ボールが地面
に落ちた瞬間、猛然と走り出した。三塁ベースを確実
に踏む事、それだけを気をつけて、後はホームへまっ
しぐら。ガッツポーズで同点のホームを駆け抜けた。
ナインの拍手に迎えられてベンチに戻った時は、心の
底から嬉しかった。そしてもう一つ。今日勝てば、明
日もう一度チャンスがある。そう思っていた。(続く)

※この連載は、2002年7月発行の硬式野球部OB会「一
誠会」会報第23号に掲載された内容を、ご本人の承諾
を得て再掲しているものです。


■■■学友会よりお知らせ■■■
――――――――――――――――――――――――
学友会の新しい名称募集、人気投票へ!
――――――――――――――――――――――――
創立130周年を記念しての「東京大学学友会」新名
称募集。全学同窓会ネットワークであることが「わか
りやすく」かつ「親しみの持てる」名称を卒業生のみ
なさんとともに決めたいと思います。

第1回の募集により決定した下記の学友会新名称の候
補に投票をお願いします。決定した新名称は11月10日
(土)のホームカミングデイで発表いたします。

注目の最終候補名称、他詳細はこちら
http://www.todai-alumni.jp/community/2007/09/post_4710.html

――――――――――――――――――――――――
学友会スタッフブログ 更新中!!!
http://www.todai-alumni.jp/stf8
――――――――――――――――――――――――
学友会の事務局スタッフから見た東大の「今」。大学
のイベント情報や同窓会活動報告などなど、幅広い、
そしてカジュアルな学友会最新情報をお届けします。

――――――――――――――――――――――――
東大卒業生限定マイページ「TODAI for tomorrow」
http://www.alumni.u-tokyo.ac.jp/tft/
――――――――――――――――――――――――
卒業生と大学の「絆」をより深めていくために、
TODAI for tomorrowはスタートしました。

東大オリジナルのパーマネントアドレスの取得ができ
ます。オンライン上で同窓生検索ができます。。小宮
山総長宛てにメッセージの投稿ができます。。。東大
卒業生のための情報誌「東京大学学友会ニュース」が
届きます。。。。そして学内イベント情報等がメール
で届きます!

対象はすべての東大卒業生。今すぐご登録ください。
http://www.alumni.u-tokyo.ac.jp/tft/

――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――――――
最後までお読みいただきありがとうございます
――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――――――
このメールの内容に関するお問合せはこちらまで

発行:東京大学学友会事務局
tel : 03-5841-1216
fax : 03-5841-1219
e-mail : gakuyukai@adm.u-tokyo..ac.jp
――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――――――

東大130周年記念ホームカミングデイ協力のお願い

***同窓会連合会より***
東大130周年記念ホームカミングデイ協力のお願い
〜福引抽選会の景品のご協賛をお願いします!〜

 今年の東京大学ホームカミングデイは、東京大学創立130周年記念式典も兼ねて、
11月10日(土)本郷キャンパスで開催されます。本年は大学が主に130周年記念式典企画を担当し、同窓会連合会は学友会組織を通じて、ホームカミングデイの企画を担当することになり、その企画の目玉は下記の通り、「福引抽選会」となりました。

同窓会企画 福引抽選会について  〜各地域の会は景品のご提供をお願いいたします。
 〆Gのホームカミングデイ目玉企画「縁〜福引(えん〜ふくびき)」は、卒業生の皆様の地縁、仕事・会社縁を活かした景品をご提供頂き、更にその景品は提供者から当選者に直接ご送付頂き、福引をきっかけにした末長い「縁(えん)」を結ばれることを願う企画です。
◆〃壁覆砲蓮地方の銘酒、銘産食品、工芸品、ホテル・旅館宿泊券、レストラン飲食券等、また、出版物、自社製品など、各地域の同窓会の特色を出した景品をご提供頂くようお願い申し上げます。5000人の来場を目標としており、多くの景品のご提供をお願いいたします。景品提供者と品目は、学友会ニュース、ホームページ、当日構内掲示にて紹介いたします。
 卒業生、一般を問わず、来場の方は、抽選副引券に氏名・住所を記載して受付抽選箱に入れることで抽選資格を得ます。当選の発表は、景品の発送を以て代えさせて頂きます。

関西東大会から福引の景品の協賛のお願い
福引の景品をご提供いただける方は、関西東大会事務局においてとりまとめ、同窓会連合会に報告いたしますので、10月20日までに、ご提供いただける品目、数量、ご連絡先(会社名、氏名等)を事務局までお知らせください。送付については、当日の抽選にて当選者が決まりましたら、送付先をご連絡しますので、景品の由緒など添えて直接お送り頂きますようお願いいたします。 関西東大会事務局 電話;06−6532−3456  FAX;06−6532−3452

【ご参考】ホームカミングデイ概要
◆130周年記念式典   10:00〜12:00  記念フォーラム(ノーベル受賞者鼎談)
安田講堂にて     12:00〜13:00  記念式典
13:00〜14:00  記念レセプション(山上会館)
◆各種イベン        14:00〜  映画「不都合な真実」と講演会
14:00〜  「本郷いちょう芸術祭」合唱・演奏
   落語、浪曲、スポーツ対抗戦・少年サッカー教室、福引抽選会
         キャンパス・ツアー、博物館、図書館、史料編纂所、懐徳館一般公開
17:00〜 学部・学科毎の懇親会
18:30〜 個別懇親会・二次会


関西東大会のホームページへ戻る



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:708 最後に更新した日:2017/09/12

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM