『夏の講演会』 のご案内

 

代表幹事 日笠 賢(昭55 経)

 

夏の講演会を下記の通り開催いたします。会員の皆様には、奮ってご参加を賜りたく、ご案内申し上げます。

 

 

日 時 : 2017年8月27日(日)
場 所 : ホテルグランヴィア大阪 20階
受 付 : 14:30〜
講演会 : 15:00 〜 16:30 「名庭(なにわ)の間」
懇親会 : 17:00 〜 19:00 「鶴寿(かくじゅ)の間」

 

【講演会】

 

講 師 : 正岡子規研究所
主宰  : 正岡 明 氏
演 題 : 「坂の上の雲」の時代〜子規・律・漱石・秋山兄弟〜(仮題)」

 

 

 

 

【正岡 明 氏 プロフィール】


1945年 兵庫県伊丹市に生れる。
1971年 同志社大学工学部卒業。
1982年 伊丹市にて正岡庭園設計設立。
1989年 奈良市に転居。
1998年 樹木医(農林水産省認定)資格取得。
2000年 奈良にて正岡子規研究所設立。
2004年 (財)虚子記念文学館・理事に就任。

 

(主な役職)

 

・正岡庭園設計代表
・正岡子規研究所主宰
・(財)虚子記念文学館理事
・那智の森プロジェクト 事務局長(事務局:虚子記念文学館内)
・直木三十五記念館設立準備委員
・樹木医(農林水産省認定第642号)

 

 

正岡明氏の父 正岡忠三郎は、正岡子規の従兄弟に当たり、子規の死後、子規の妹・律(りつ)の養子になりました。その関係で、現在、正岡明氏が、子規を引き継ぐ親族として、様々なご活動をされています。また、正岡明氏の祖父で、子規の叔父に当たる加藤恒忠(号・拓川=たくせん)は、松山から子規より先に上京し、司法省法学校(現東大法学部)で学んだ後、中江兆民のフランス塾を経て渡欧、パリ公使館員、ベルギー公使等20年程を外交官として欧州で過ごし、日露戦争が勃発し複雑に思惑の絡み合う中、多くの要人と接触しました。司馬遼太郎の「坂の上の雲」に登場する人物だけでも30数名と交流があり、それらの書簡も、正岡明氏が手元にお持ちです。
更に拓川は、「坂の上の雲」の主人公の一人である日本騎兵の創始者秋山好古大将とは、松山藩校の明教館以来の竹馬の友であり、好古の書簡も多数正岡明氏の手元に遺されています。この拓川は、子規に上京を促し、物心両面に亘って子規を支えた人物でもあります。昨年は、司馬遼太郎没後20年でもありました。今回は、小説「坂の上の雲」に登場する、東京大学の大先輩でもある、正岡子規や夏目漱石などのことも含め、明治日本の基礎を築いた多彩な人物群の生き様と考え方を通して、失われつつある大切なものを少しでも伝えていただければと思います。
乞うご期待!

 


参加費用(=講演会と懇親会の費用を含む): お一人 8,000円

 

懇親会では、ホテルグランヴィア大阪の夏限定料理に、フリードリンクがセットされたサマー・パーティー・プランを利用する予定です。こちらもお楽しみに!


会員が同伴される方も歓迎します。奮ってご参加ください。


申込み : 2017年8月18日(金)までにお申込み下さい。
申込み先 : 関西東大会事務局:
〒540-0011 大阪市中央区農人橋1−1−7 谷町エクセルビル402号室
TEL&FAX 06-6949-8820
Eメールアドレス kansaitodaikai@iy.main.jp

 

 

キャンセル:都合によりキャンセルされる場合は2017年8月24日(木)までにお知らせ下さい。

 

 

《ホテル グランビア大阪》
ホテルグランヴィア大阪は、JR大阪駅構内とつながっています。
※中央改札を出て右手すぐです。
〒530-0001 大阪市北区梅田3丁目1番1号 Tel:06-6344-1235(代)

 

 

 

 

関西東大会のホームページへ



コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:697 最後に更新した日:2017/06/12

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM