フェノロサ学会 in関西大学

2008年フェノロサ没後百周年記念大会は、本郷社会学教室が引き受けて下さることになりました。フェノロサは日本で初めて当時の世態学を開講した「社会学の父」として顕彰する伝統が継承されているようです。
9・16関大大会の案内をします。
京都東大会会員 村形明子



日本フェノロサ学会 第27回大会プログラム

日時 平成18年9月16日(土)午後1時30分〜
場所 関西大学千里山キャンパス 岩崎記念館(外国語教育研究機構)
   (大阪府吹田市山手町3-3-35 06-6368-1211大代表)
 交通 阪急千里線「関大前」駅北口下車
   徒歩5分(正門まで)、10分(会場まで)

開会の辞(午後1時30分) 会長 村形明子(京都大学名誉教授)

総会(午後1時35分〜2時)
 平成17年度事業報告・決算報告
 平成18年度事業計画・予算審議  事務局長 竹居明男(同志社大学教授)

研究発表(午後2時10分〜3時)
 「滕固と矢代幸雄ーロンドン中国芸術国際展覧会と1938年中国芸術史学会の成立までー」
   講師 塚本麿充(大和文華館学芸部部員)
   司会 岡倉登志(大東文化大学教授)

研究発表(午後3時10分〜4時)
 「メアリー・フェノロサの小説 The Dragon Painter(1906年)の映画化とその影響」
   講師 板倉史明(東京国立近大美術館フィルムセンター研究員)
   司会 羽田美也子(日本大学非常勤講師)

休憩(4時〜4時15分)

講演(4時15分〜5時45分)
 「八角堂か六角堂か〜岡倉天心の選択〜」
   講師 宮崎興二(京都大学名誉教授)
   司会 村形明子(京都大学名誉教授)

閉会の辞(午後5時50分) 副会長 竹居明男(同志社大学教授)

懇親会(午後6時30分8時30分)
 会場 レストラン紫紺(千里山キャンパス・100周年記念会館内 06-6193-1044
 会費 8000円程度

幹事会(正午〜午後1時)
 会場 岩崎記念館(関西大学千里山キャンパス)
 議題 役員改選等

関西東大会のホームページへ戻る


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:708 最後に更新した日:2017/09/12

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM