第8回「中国・新疆 視察旅行」参加のご案内

弊社海外事業部に於きましては、中国・新疆ウイグル自治区ウルムチ市にて、98年1月に地下商店街「辰野名品広場」をオープンし、昨年は第2期工事にも着工しました。この仕事に携わる中で、新疆ウイグル自治区やウルムチ市に於いては、産業の各分野で有望な数多くのプロジェクトがあり、特に日本からの協力が強く要望されていることを実感致しました。

ついては、日本各方面の方々に当地を知って頂くべく、本年も7月に第8回「中国・新疆 視察旅行」を実施させて頂きたく存じます。

各種資源の豊富な新疆ウイグル自治区は、中国政府の西部大開発の政策により大いに発展が期待されております。又、シルクロードの中国西端に位置し、観光の面でも十分楽しんで頂けます。種々ご予定もお有りかとは存じますが、この機会に是非当地を訪問頂きたくご案内申し上げる次第でございます。帰路では、発展著しい北京も訪問する予定です。

ご参加頂ける場合には、ここから申込書をダウンロードのうえ、来る6月15日迄にFAX・Eメール又は郵送にてお願い致します。(参加定員:30名)

又、詳細のお問い合せにつきましては、
弊社海外事業部(Tel: 06-6263-2360、Fax: 06-6263-2791)
担当:大田・石(k.seki@tatuno.co.jp)
までご連絡下さい。

辰野株式会社 代表取締役専務 辰野元彦(昭44法)


NHKクローズアップ現代の放送について

下記の番組で、東京大学への取材が行われました。

クローズアップ現代
表題:「法人化後大学はどう変わったのか」
放送予定日:3月15日(水)
スタジオゲスト : 竹内 洋さん(関西大学教授)

総合テレビ 19:30〜19:56/ BS-2 23:55〜24:21
http://www.nhk.or.jp/gendai

(上記ページへの掲載内容)
3月15日(水)放送予定
大学はどこへ行く
〜国立大学法人化の波紋〜(仮題)
【BS−2での再放送は深夜0:25〜0:51になります。】

国立大学が激しく揺れている。独立行政法人化されて2年、全国の国立大学は、予算削減の流れの中で、教育・研究現場から聞こえるのは悲鳴ばかりだ。京都教育大学では学部が閉鎖、授業数も激減し、「希望していた科目が学べない」と学生達から抗議の声が上がっている。そうした中、各大学が競うように取り組んでいるのが、産学連携である。東京工業大学では、大手総合商社の現役ビジネスマン2人を教授と助教授に任命し、"稼げる大学"へ転換をはかっている。しかし、短期的な成果ばかりを求める傾向が強まり、大学の知力そのものを弱体化させてしまうのではないかと、危惧する声も上がっている。独立行政法人化の波の中、揺れる大学の行方をさぐる。

情報提供 幹事 岡田和晃(昭54法)



船場フォーラム2006開催のお知らせ

「大阪の中心である船場を、自分たちの力で魅力溢れる街にしよう」という共通の意識を持った13のグループが集まり、一昨年に『せんばGENKIの会』が設立され、これまでにも「せんばGENKIまつり」や第一回「船場フォーラム」等を開催して参りました。

本年度は、大学と地元との「学民協働」による街づくりに取り組み、船場の中心部での公開ゼミなどを行ってきましたが、来る3月25日(土)には下記の通り『船場フォーラム2006』を開催致します。船場のみならず、東京や博多からも「学民協働」事例の発表を頂きます。

「せんばGENKIの会」辰野元彦(昭44法)



日時:3月25日(土) 13時〜17時(フォーラム)
            17時半〜19時(交流会) 
場所:綿業会館(大阪市中央区備後町2-5-8)
会費:フォーラム 1000円
   交流会   3000円(学生1000円) 
テーマ:「地域と大学による連携まちづくりを現場から考える」
主催:「せんばGENKIの会」
定員:約200人
詳細はhttp://www.semba-genki.net/forumをご覧下さい。

リサイタルのご案内

関西東大会会員の有冨 清氏(S53法)のご紹介で、高校の同級生の方からのリサイタルのご案内です。

昨今のクラシック音楽の愛好者の絶対数の少ない中、リサイタルを来る4月8日にザ・フェニックスホールにて開催いたします。

プログラム
 バッハ  ハンブルガー・ソナタ ト長調
 テレマン 無伴奏フルートのための幻想曲 第10版 嬰ヘ短調
 シューベルト 「しぼめる花」の主題による変奏曲
 デュティユー ソナチネ
 ドビュッシー ビリティス
 メシアン  クロウタドリ
 プーランク ソナタ

一般 3500円 学生・会員 2000円

リサイタル詳細についてのお問い合わせは
東田清子
〒565−0851
吹田市千里山西4−37−1−311
TEL 06-6387-8789
FAX 06-6387-8750
E-Mail east-824kiyo@nifty.com
までお願いいたします。

日本フェノロサ学会京都大会

2005年9月17日(土)に京都で開催される「日本フェノロサ学会大会」をご紹介します。
フェノロサは政治学、経済学、社会学(日本初開講)、哲学、美学等を8年間教えた東大お雇い外国人で、東大院生の発表、東大卒岡倉天心曾孫の講演等あります。

第26回大会
日時:9月17日(土) 午後1時〜
会場:京都造形芸術大学人間館4階NA409/410
   京都市左京区北白川瓜生山2−116
研究発表:大島朋剛(東大経済学研究科博士課程)「町田久成再考」
     岡本佳子(国際基督教大学アジア文化研究所準研究員)
      「岡倉覚三と日露戦争」
講演:岡倉登志(天心曾孫)「岡倉天心と仏教ー世界平和思想としての宗教」
久我なつみ「『日本を愛したティファニー』
     ー日本エッセイストクラブ賞を受賞して」
連絡先:竹居(075−464−1297)


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:710 最後に更新した日:2017/11/17

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM